2018年2月9日(金)節分

節分とは

2月3日は節分(せつぶん)です。節分とは「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回あったものでした。ところが、日本では立春が一年のはじまりとして、とくに大切にされ、次第に節分といえば春の節分を指すようになりました。
春を1年のはじまりである新年と考えれば、節分は大晦日(おおみそか)です。室町時代以降、豆をまいて悪鬼を追い出す風習が定着してきました。自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています。


食事会のご案内

参加料

高校生まで無料、大人300円
※参加者は、申込確認等が必要です

対象

幼児、小学生、中学生、高校生、大人、ご高齢の方まで

※小学生だけでの参加、遠方から来所の中学生は、原則として保護者によるお迎えをお願いします。

定員

40名(定員になり次第、締め切りとさせていただきます)

催し

16:00〜20:00
かるた&トランプで遊ぼう(樹徳高校生 協力)
お絵かき・本読み・学習室(ボランティア指導者)

18:00〜19:30
食事 伝統文化 節分を食べよう

※アレルギー対応はできませんので、ご了承ください

開催場所

いきいきセンター(みどり市介護予防複合施設)

群馬県みどり市大間々町大間々1378

Tel.0277-72-1765

予約受付

1月19日から

ダウンロード
チラシのPDF
2月チラシ.pdf
PDFファイル 871.8 KB

開催レポート