2017年12月8日(金)冬至を食べよう

冬至(とうじ)とは

冬至とは、一年の中で一番日照時間が短く、夜が長くなる日です。今年の冬至は12月22日です。翌日から日照時間が長くなっていく冬至の日は、古来より太陽が生まれ変わる「一陽来復(いちようらいふく)」という特別な日とされてきました。再び力を取り戻した太陽にあやかって、人々はいろいろな願い事をしてきました。その代表的なのが、柚子湯に入り、かぼちゃを食べて風邪をひかないことを願うというものです。


食事会のご案内

参加料

高校生まで無料、大人300円
※参加者は、申込確認等が必要です

対象

幼児、小学生、中学生、高校生、大人、ご高齢の方まで

※小学生だけでの参加、遠方から来所の中学生は、原則として保護者によるお迎えをお願いします。

定員

40名(定員になり次第、締め切りとさせていただきます)

催し

16:00〜20:00 絵本読み聞かせ
18:00〜20:00 学習室解放(ボランティア指導)

17:30〜19:00 年賀状を作ろう

16:00〜20:00 お茶会

18:00〜19:30 食事 伝統文化 冬至を食べよう

※アレルギー対応はできませんので、ご了承ください

開催場所

いきいきセンター(みどり市介護予防複合施設)

群馬県みどり市大間々町大間々1378

Tel.0277-72-1765

開催場所

いきいきセンター(みどり市介護予防複合施設)

群馬県みどり市大間々町大間々1378

Tel.0277-72-1765

MENU

  • かぼちゃの春巻き
  • ブロッコリー添え
  • 五目ひじき  おろし汁
  • 黒米入りごはん
  • ヨーグルトムース
  • ゆずソースかけ

 


開催レポート

年賀状を作ろう!
年賀状を作ろう!

冬至
冬至



来ると決まって宿題を始める
来ると決まって宿題を始める

調理室はいつもすごい熱気
調理室はいつもすごい熱気

伝統食は切干大根、大豆、サンマ…子どもたちの口に合うのかという心配も、残飯の少なさにホットしました
伝統食は切干大根、大豆、サンマ…子どもたちの口に合うのかという心配も、残飯の少なさにホットしました